記事一覧

アリスと魔王 第27話

「ウェーイーンくーん!手伝おうかー?」|一つ目の巨人《サイクロプス》と絶賛激闘中のウェイン君に声をかける。こん棒を潜り抜けて足や腕、胴を切りつけるが固さに押されて刃が通らない。「ウェインくーん!集中集中ーー!!心現術でしっかり研ぎ澄ましたら君なら斬れる!!」私が声援(ガヤとも言う)を送ると「まっ・・じかっ!!」|一つ目の巨人《サイクロプス》のこん棒を避けながら唸る。んー、ウェイン君にはまだ早いかな...

続きを読む

アリスと魔王 第26話

うっすらと辺りが見え始めた。「ミシェル、ウェイン」二人の肩を叩いて起こす。「明け始めたわ、出発しましょう」二人は殆ど無言で支度を始める。辺りに魔物の気配はない。私は一応いつでも使えるようにルシールに巻いている布も外しておいた。背中から抜きやすいようにしておく。まぁ基本はミスリルの|片手剣《ショートソード》を使うつもりだが念の為だ。それを見たウェインがさっきまで眠そうに半開きだった目を見開いた。「気...

続きを読む

アリスと魔王 第25話

「はー、さみしーなー」「・・・」「はー」「・・・・」「さーみーしーいーなー」「うるさいな!もう分かったから!」ウェインが馬を引きながらぼやく私に黙るように言う。「あんなに賑やかだったのが静かになってしまうと確かに寂しいですね。」ミシェルが私に同意してくれる。グランシトを出てから半日もたった頃、三人で王都迄の道なき道を歩いていた。王都は東側はタタラ山脈があって沢づたいに入るルートがあるらしいが日数が...

続きを読む

アリスと魔王 第24話

遠くに今まで見たこともないくらい大きな都市が見えてきた。闘都よりも遥かに大きい。「見えてきたな、あれがグランシトだ」相変わらず走っているウェイン君。「でっかい町だね!」エレンがはしゃいでいる!エレナは少し元気がない。「どうしたのエレナ?」「さては寂しいんでしょ?この町についたらアリスさん達とお別れだもんね」ヨーメさんがエレナに聞いた。エレナは下唇を出して今にも泣きそうだ。か、可愛い!「そーなの?エ...

続きを読む

アリスと魔王 第23話

ガタゴトと馬車は進む。相変わらず走っているウェイン君。毎朝、稽古をするようになって1週間。まだ私から一本もとれていないが心現術はかなり上達して走りはじめて一時間以上経つがまだ息は乱れていない。私はミスリルの|片手剣《ショートソード》の魔法石をつかんで魔力の流れを感じている。心現術に比べるとかなりコントロールが難しい。心現術は強くイメージすれば形になるのに対して魔力はそこにあるのは感じるのに動かそう...

続きを読む