記事一覧

アリスと魔王 第47話

「あー・・・ アリス、このメッセージを聞いてるって事は魔族の包囲を抜けて王都に来たってことだな。 相当、腕を上げたんだろう。 それを見れないのが残念だ」ロザリンドさんの掌から浮かんだ光の球体からノイマンの声が聞こえる。少し苦しそうに聴こえるのは私を助けたすぐ後のせいだろうか・・・「もう知ってるかも知れないが、俺は人間じゃない。 |人造人間《ホムンクルス》といってな、俺を創ったのは天秤の大賢者...

続きを読む

アリスと魔王 第46話

アネイラが2回ノックして「ロザリンド様、お連れいたしました」扉の向こうに声をかける。扉が開いた、失礼しますと言いながらアネイラが先に入っていく。「ご苦労様、夜分遅くにお招きして悪いわね」その部屋は例えるなら落ち着いた趣味のお婆ちゃんの部屋という感じだった。丸テーブルに置かれた大きめのランプが部屋を淡く照らし出している。椅子から立ち上がって出迎えてくれた部屋の主の容貌はおよそこの部屋には似つかわしく...

続きを読む

アリスと魔王 第45話

「ロザリンドさんが呼んでるの?」私の問いかけにアネイラが頷く。「皆、ここで話し合っててくれる? グランシトに行ってから魔族との戦いに参加する人やそうでない人とか。とりあえずノウマあとよろしくね!」「はい、お任せください」ノウマは丸投げされても笑顔で応えてくれた、頼りになる。アネイラに続いて部屋を出る、部屋の外にはミシェルが立って待っていた。「ついてきてくれ」アネイラが先にたって歩き出す。「ミシェ...

続きを読む

アリスと魔王 第44話

会議室らしい大きめの部屋を借りて元魔族の人達を集めてもらった。先ずはアネイラの屋敷で皆、体の埃を落とし。食事なんかを済ませて落ち着いてから集まってもらった。ノウマを入れて塔で助けたのが11人、王都に集まったのが35人。全員で46人になった。皆、魔族から開放されたばかりで疲れた顔をしている。「はじめまして、私はアリスよ」暗く、重い空気を少しでも和らげようと努めて明るい声を出す。自己紹介、全員の眼が集まって...

続きを読む

おすすめ歴史漫画

皆さんこんにちは、金城soraです。今日は歴史漫画のご紹介。幸村誠(ゆきむら まこと)先生ヴィンランド・サガです。時代は西暦1000年代の前半。舞台は北欧、現在のイギリス。ヴァイキングと呼ばれる海賊が近海を荒らし回り、金品を奪い、女性を襲い、人を拐っては奴隷として売り飛ばしていた。そんな世紀末な世界に生を受けた主人公。名はトルフィン。物語りは砦を襲う兵隊にトルフィンが共闘を持ちかけるところから始まります。砦...

続きを読む

おすすめ歴史漫画

皆さんこんにちは、金城soraです。今日は漫画のご紹介。岩明 均(いわあき ひとし)先生【ヒストリエ】です。アノ【寄生獣】の作者です。2010年に第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の大賞を、2012年に第16回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞。っとまぁ、今さらお前が紹介するの?って感じのやつです。言わんといて下さいな。舞台は紀元前343年、ギリシャ。マケドニアの王、フィリッポスが周辺諸国に覇を唱え、志半ばに没してそ...

続きを読む