記事一覧

おすすめ時代小説 最後の将軍





楽しくてまた書いてしまいました。

おすすめ小説記事。

また時代小説です。

幕末は(龍馬が行く)だけではそれぞれの思惑が掴みきれません。

そして切り口を変えて見るとまたしっくり

「あぁ、なるほど!」

となります。

今回は幕府側、最後の徳川家大名で最後の征夷大将軍である徳川慶喜のお話。

またまた司馬遼太郎先生の

〈最後の将軍〉


です。


慶喜がなぜ将軍になったのか?

彼は元々、将軍になることはまずなかったのですが、相次いで将軍が亡くなり、幕末の動乱で幕末の力が衰え、尊王攘夷の志士達の思惑が彼を後押しして将軍になりました。

尊王攘夷とはどちらかというと天皇寄りの考え方でそれを広めたのが水戸藩でした。

慶喜も水戸藩の生まれで徳川本家からは相当胡散臭く見られていたはずです。

実際、慶喜が将軍を継いでからも江戸の大奥達は慶喜を寄せ付けなかったそうです。

そんなこんなで慶喜も全く将軍には乗り気ではありませんでした。

そんな慶喜がなぜ?

なにを思い大政奉還という世界史上でも稀な無血革命を許し、そんな大事業をやってのけた慶喜がなぜ、あそこまで追い詰められ散々にボッコボコにされたのか?

私は慶喜があまり好きではありませんでした。

この小説を読んで、やっぱり好きにはなりませんでした。


最後の将軍が幕末になにを思い、なにを志し、なにを目指したのか……


この小説を読んで皆さんは最後の将軍にどんなイメージを持ったのか。



是非、聞かせてほしいです。







ブログランキングに参加しています。
大変励みになります!
暇潰しになりましたらポチっと
応援よろしくお願いします!
ありがとうございます!


にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

小説家志望ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント